トップページ
色彩ラボ
ナオミの色
 > 色の資格って?
11章
10章
9章
8章
7章
6章
5章
4章
3章
2章
1章
カラーブログ
ColorDictionary
サイトマップ

ナオミの色

色の資格って?

動物界での色?
8章 動物界での色?
前の章を読む前の章を読む

動物が色を持つ理由

動物界の中でも様々な色が存在します。しかし動物がなぜその色を持ち合わせているのかは知られていません。
実は動物も生きていくための手段として何らかの色彩を持っているのです。

では、今日は動物界での色について紹介します。 動物の体の色は、皮膚の中の色素で決まります。
メラニン(褐色)、カロチン(黄色、オレンジ、赤)、ビルベルジン(青)のように
色素の構成によって決まるものや、光の干渉によって変化して見えるものがあります。

また動物の体色は、外敵との関係において意味を持っています。

隠蔽色

標識色

私たちの生活の中にも動物界の色を利用した製品が出ています。
隠蔽色は軍事的な迷彩色に利用されており、標識色は誘目性や視認性に優れていることから、
強い訴求力が求められる配色に適しているとされています。

皆さんも動物の色味が自分たちの生活の中にどう使用されているかに注目すると、
よりその商品が何を表しているのかが見えてきます。


前の章を読む前の章を読む